to 沖縄

宣言通り、月末に沖縄へ行って参りました。初上陸。暑さのせいか元々か、ねじの緩んだ行動多発。



22日 in那覇

昼過ぎ沖縄着。暑くて到着直後バテる。テレビでしか見たことないような植物があちこちに生えていて新鮮でした。到着後宿に向かうも、迷子(taxi使ったのに)。宿泊先に到着遅れをtelしたところ、電話で案内してくれる(前にもこんな事あった…)。気付いたらペンダントが壊れている。いったいいつ何処で何をやらかしたのか。まぁ仕方無い。
荷物を預け、夜のライブまで少々時間があったのでぶらぶらしつつ近くのカラオケでちょっと練習。ぶらぶらしつつライブハウスへ。
こちらのライブは開始時間が少々遅く、21:00スタート。終了後は勿論、バスは無い。帰りは皆さん車かtaxiだそうだ。遅くなるのを見越してライブハウスの近くに宿を取ったのでそこは問題無し。

Sebastiaan Kaptein with SYMBIOSIS TRIO @Parker's Mood
p Mike Tseng
b Martijn Vanbuel
ds Sebastiaan Kaptein

オリジナルの難しい曲(変拍子系)中心のライブでした。迫力でガツガツ押してくるというよりも、そこに自然に存在している感じのアンサンブル。気持ち良いです。自然である事って大事。ベースの音程がやたらと良かったです。音程良いな、と再認識してしまう感じの(決して音が大きいわけではなく)。
Parker's Moodのオーナーである城間巧介さん(gt)とお話をしつつ(この人に会う事が今回の目的のひとつ)、のんびりしつつ、翌日(予定では)早いためライブ後そこそこの時間で退散。沖縄は夜でも暑い。



23日 in海洋博公園

沖縄は電車が無いため移動はバス。移動にまず時間がかかるので早朝から活動開始しようと思っていたのですが、なんとなくだらだら準備。同じ宿に泊まっていた神奈川からダイビングに来たという人とのんびり会話が発生。こういう民宿みたいな宿は人との距離が近いです。
さてここから、那覇から名護へ(これがまず結構な距離、疲労蓄積要因①)、名護から海洋博公園へ。目的のひとつ、美ら海水族館。

CA3K05050001.jpg

コインロッカーに楽器が入るわけも無く、背負いながら歩く(疲労要因②)。この日は沖縄では祝日。6月23日は慰霊の日。だからなのか全く関係無いのか、人が多く、小さい子も修学旅行なのか何なのか学生もわらわら。カフェのようなところは何処も満席、まったり休めない(疲因③)。暑い(疲④)。
ジンベエザメは可愛かった。Love。こういう大きくてふぉーんとのんびり泳ぐ生き物好きだー。さてここでもやらかした、帽子を失くす。すぐそばのInformationに問い合わせたところ、その場で出てきた…マナティの食事風景も癒しでした。手を使って食べる、歩く。

CA3K052300010001.jpg CA3K051500010001.jpg CA3K053100010001.jpg CA3K051600010001.jpg 

個人行動はここまで。この後はミュージシャンの方々と行動を共にします。合流すべく北谷へ。きたたに、って読みましたよ最初は。全国各地で活動されている中村真さん(p)、沖縄出身大阪で活動中の義保貴子さん(vo)と合流。この日は貴子さんのご実家にお世話になります。

真面目な話を挟みますが、沖縄の人達にとって、アメリカ軍の基地問題は身近という言葉では言い表せないくらい深刻な事。すぐ横にあるアメリカ軍基地、Yナンバーの車。そして所詮「私達」は部外者。これをこの日改めて感じました。ニュースや新聞で取り上げている程度の事しか当事者以外にはわからない。その場でその問題に直面している人にしかその気持ちはわからない。本人に取って代われるわけでもない。その人の気持ち(身)になって考えろ、とか、土台無理な話(この言葉好きじゃない)。だってご本人じゃないんだもの。それらに関してはどうあがいても想像するしかない。私はその問題に関しては部外者だ。沖縄にいてもそう感じた。でもそこでその事について考える事をやめたらその時こそ本当にその問題が自分の中から消える。
客観的に見ようとしたってそれを見ているのは自分なわけで、見ているのが自分である以上主観。ていのが私の持論。だから(?)人を慰めるとか元気付けるの苦手なんですよね、私。その人にとって大事な時に「頑張れ」とか心の底からは言えない。つくづくひねくれ者だなぁ。



24日 in石垣

翌日は石垣へ。行く前に、那覇で食事。公設市場というところは買った魚をそのまま2Fの食堂で調理してくれるという。Parker's Moodでお会いした櫻井萌さん(p)、マネージャーのバーボン清水さん(b)と合流。てびち食。魚の名前は忘れました…ミミガー?だっけ? 市場には、豚の顔やら何やら色々ぶら下がっていた。ご飯うまうま。石垣にて楽器を借りる予定のため、お二人に楽器を預けます。

さて石垣へ。スコールとぶつかりバケツをひっくり返したような雨、雨、雨。飛行機が飛ぶのかどうかも心配になるほどの、雨。飛ぶ時には止んでいましたが。石垣にて大阪で活動されている加納星子さん(as)と合流。民宿へ。
大きい荷物を預け、石垣のライブハウスすけあくろへ、向かう途中でマウスピースを荷物(大)の中に忘れた事に気付く。この時点で石垣にマウスピースを持ってきた意味がほぼ消える。連絡も直前だったし、本当に関係者各位にはお世話になりました…。みんな優しすぎ。
お借りした楽器と共にサウンドチェック、その後食事。沖縄そばはぱっと見細麺のうどんっぽい。また雨。そして止む。

中村真(p) 城間巧介(g) DUO Jazz LIVE 2014 @すけあくろ

こちらのライブに星子さん、貴子さんと共にシットイン。ありがとうございました!マウスピースごとお借りした楽器の鳴りは良かったです。マスターも女性スタッフ?の方も皆様素敵な優しい方達でした。誰かはgkbrと遭遇していたらしいが私は知らない。関与しない。なんだか皆さんやたらと私をgkと遭遇させたがる。

CA3K05460001.jpg



25日 in石垣

CA3K05510001.jpg CA3K05470001.jpg

泳ぐ日。シュノーケル初体験。大方の予想はつくかと思いますが、私は運動音痴、というか普段運動というものに関わりが無い。シュノーケルどころか海で泳ぐのさえ初体験。ビーチは3ヶ所巡りました。3つ目はライフジャケ付き。相当楽チンでした。前日に雨が降ったということで海は少々濁っていましたが、それでも綺麗!海の色からまず違います。水族館でしか見た事の無いような色鮮やか、へんてこりんな魚が目の前を泳いでいるのは感動ものです。最初は深い所の上を通過するのは怖かったけど、怖いもの見たさから徐々に突破。1つ目2つ目のビーチは干潮の時間帯だったためあまり沖へは行けませんでしたが(崖になってるリーフとか怖すぎた)、3つ目では波も戻り、リーフ手前も悠々と泳げるように。リーフで深くなると急に色が変わります。神秘的な世界。
私なんかは泳ぐと言うより波に漂って沖へ流されただけですが(危険)、星子さんは資格も持っているバリバリの経験者。潜る姿が本当に格好良い。頂戴した写真の中からひとつ。

10489104_651410171604509_1801046986_n.jpg

綺麗と言うより、美しいと言う方があっている気がする。夜は地元の居酒屋へ。皆さんビールと泡盛がおいしそうで何よりでした。この日も石垣に泊まったのですが、夜は晴れて星空もすごいことに。蠍座をあんなに頭上に見たのは初めて。風景や生き物を見て単純に感動したのは相当久々だったと思います。蛍もいた。全然写真撮ってない。



26日 in 金武 ~ 那覇

星子さんとお別れして、本土へ。城間さんに迎えに来て頂き、まずお昼。後、金武のゴールドホールというところへ。盆栽カフェというこの場所は、何というか、何とも言えない場所でした。鍾乳洞に繋がっており、盆栽やら石像やら何やらいろんなものが置いてある大庭園を散策出来る、カフェ。この言葉だけで大分意味がわからないが、本当にいっこも意味のわかるものが無い。ピアノも置いてあり突如始まるsession。

CA3K05520001.jpg CA3K05560001.jpg 140626_1657~02 140626_1659~02

こんな感じで、こんな感じ程度では到底収まらず意味不明な場所でした。今考えても、何だろう、って言葉しか出てこない。

北谷で少々休憩、夜はParker's MoodにてJam Sessionです。

中村真(pf) ジャムセッション @Parker's Mood

Parker's Mood

真さん、貴子さんは勿論、城間さん(なんとds有り)、萌さんや清水さんとも演奏出来て、天野さんというtpの方の音も素敵で。色々な方と知り合えて一緒に音出せて、本当に楽しく濃密な時間でした。今すぐ技術がどうこうという事は無いのでしょうが、感性の部分が相当刺戟された旅になったような気がします。皆さんまた是非お会いしたい。
ミュージシャンの方々にライブハウスの方々、お世話してくださった貴子さんのご両親、着いたその先で出会った方々。皆様何から何まで本当にお世話になりました。



27日は帰るだけ。昼過ぎの便なので朝の内に北谷を発つ。空港にて土産に悩む。機内で上空から鯨の影を見た気がしたが、たぶん気のせい。

それと後日発覚したのですが、なんと沖縄に忘れ物しました。楽器用のクロス。気付いたのが2日後くらい。遅。ねじ緩んでいるとは思っていたけど、ここまでだったとは。
スポンサーサイト
Profile

Natsumi Itabashi

Author:Natsumi Itabashi
札幌在住トロンボーンプレイヤー

Home Page
http://tbm7ni.wixsite.com/ni-tb

今後スケジュールは
上記HPに移行します。

ブログの方では
ライブやツアー後記、
落描などのピクチャ、
等々
ゆるゆる変わらず
更新していきます。

予定。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR