Live Schedule

8月末までのライブ情報etc.
記事改定 : 7/2



6/2 SUN. 20:00-

菅原昇司5トロンボーンアンサンブル「F-FIVE」

菅原昇司(bass trombone)
酒本ひろつぐ 河合修吾 板橋夏美 古川巧馬(trombone)
板谷大(piano) 大久保太郎(bass) 竹村一哲(drums)

¥2,500(1drink付) 学生¥500off

@ K's Bar
札幌市豊平区平岸2条8丁目4ー9 2階 ケンタッキー向かい
tel : 011-816-6260



6/19 WED. 21:20-

tb.& gt. duo

板橋夏美(trombone) 長沼タツル(guitar)

@ Piano & Live BAR cats & dogs
札幌市中央区南4条西5 F45ビル7F
tel : 011-231-3611



classical
6/23 SUN. 13:30

The Sapporo Sinfonietta

入場料2,000円 全席自由

@ 札幌サンプラザホール
札幌市北区北24条西5丁目
tel : 011-758-3111



7/2 TUE. 21:20-

tb.& gt. duo

板橋夏美(trombone) 長沼タツル(guitar)

@ Piano & Live BAR cats & dogs
札幌市中央区南4条西5 F45ビル7F
tel : 011-231-3611



7/5 FRI. 20:00-

「VOLTZ(東京)」vs「F-Five(札幌)」

♪Jazz Trombone Quartet「VOLTZ」(from東京)
三塚知貴 川原聖仁 榎本裕介(trombone)
朝里勝久(bass trombone)

♪菅原昇司「F-Five」
菅原昇司(bass trombone)
酒本ひろつぐ 河合修吾 板橋夏美 古川巧馬(trombone)
板谷大(piano) 大久保太郎(bass) 竹村一哲(drums)

一般¥2,500/学生¥2,000 (要1 drink)

@ JAMUSICA
札幌市中央区北4条西28丁目1-16 ラ・ワイスビルB1
Tel : 011-612-1900



classical?
8/2 FRI. in 旭川

Asahikawa Brass Connection



classical?
8/10 SAT. 19:00-

loft 1st (language of four trombone)

板橋夏美 本間千尋 花木綾乃(trombone)
鴨崎孝俊(bass trombone)

一般¥1,000 高校生以下¥500

@ 札幌時計台ホール
札幌市中央区北1条西2丁目
tel : 011-231-0838



8/24 SAT. open12:00 start13:00

Sapporo City Jazz Ezo Groove 2013
North Jam Session GREEN STAGE

Sadao Watanabe & Sapporo Jazz Ambitious 2nd

椅子指定席 前売 ¥6,000 当日¥6,500
芝生自由席 前売 ¥4,500 当日¥5,000

@札幌芸術の森 野外ステージ
雨天決行



8/25 SUN. 18:30-

Sadao Watanabe & Sapporo Jazz Ambitious 2nd

料金¥3,500
恵庭市民特別前売り券¥3,000 高校生以下¥1,000円(100席限定)

@恵庭市民会館大ホール
北海道恵庭市新町10番地(市役所隣)
TEL : 0123-33-3171



Sapporo Jazz Ambitious

Saxophone
奥野義典as 蛇池雅人as 小野健悟ts 伊藤元直ts 板谷大bs
trombone
菅原昇司 酒本ひろつぐ 坂本奈々 板橋夏美btb
trumpet
山田丈造 舘岡紅介 阿部裕一 角雅晃
piano
工藤拓人
guitar
長沼タツル
bass
粟谷巧
drums
竹村一哲
percussion
瀧村正樹



8/28 WED. 20:00-

菅原昇司5トロンボーンアンサンブル「F-FIVE」

菅原昇司(bass trombone)
酒本ひろつぐ 河合修吾 板橋夏美 古川巧馬(trombone)
板谷大(piano) 大久保太郎(bass) 竹村一哲(drums)

予約¥2,300 1drink付 (当日¥2,800)

@くう
札幌市中央区南1西20(南大通沿い 北向き)アウルビルB1
tel : 011-616-7713



8/31 SAT. 13:00-, 15:00-

蛇池雅人(alto sax) 板橋夏美(trombone)
工藤拓人(piano) 豊田健(bass)

@発寒イオン
札幌市西区発寒8条12丁目1番地 1F すずらん広場



8/31 SAT. 20:00-?

板橋夏美(trombone)
長沼タツル(guitar) 柳真也(bass) かわいそーへい(drums)

@ K's Bar
札幌市豊平区平岸2条8丁目4ー9 2階 ケンタッキー向かい
tel : 011-816-6260




ちらほら情報が欠落していますが…まずはほぼ月1ペースの「F-Five」。
7月には東京からリズム隊無しのquartet「Voltz」をご招待。菅原さんのオリジナル曲も順調に増えてます。

そして先月に引き続きcats & dogs。今度は日頃お世話になっている先輩とのduoです!

loft。大学時代に暖めて、日の目を見ずに1回冷めたこの企画、今になって再起動。

8/24,25は再び貞夫さんbig band。今度はメンバーのオリジナルもあるそう。楽しみです。

そして、決まってからなんだか公表が遅れました。少し先ですが初のリーダーライブです。背中を押され蹴飛ばされ、この度開催する事となりました。

7月は…暇っぽい…


最近またいろんな人のライブにちょこちょこお邪魔するようになって、リーダーライブの決定は完全にそれがキッカケでした。誰かに会えば何かが起こる、事もある。でも何かを起こせるかどうかは結局自分次第。…とか言って、私の場合はその場にいた方達の力がかなり強かった。本当に。思い出すとちょっと笑える。

周りのたくさんの人に助けられながらですが、やっと自分で一歩踏み出すところまで来たでしょうか。考えなきゃならない事、課題諸々相変わらず山積みです。でも楽しい。
スポンサーサイト

GWのすごし方

GWは、外で吹く機会が多かったように思います。
4/27-29の支笏湖合宿、5/2のCats & dogs、そして5/5は新井田孝則さんのクリニックを受けてきました。

如何に、心地良いと感じる演奏をするか。
一音の質の追求。
心地良い音は、リラックスした状態からしか生まれない。
リラックスしているか、緊張しているか、等々全ては自分の音を聴けばわかる。

4月以降にお会いした素晴らしい方々、Tommyさんも中村真さんも同じ事を仰っていましたね。パッと出た一音で如何に人の心を捉えられるか。自分の音を聴くこと。一音の質の追求。
一朝一夕でどうこうなる事柄ではありません。新井田さんも口にされていた通り。一生をかけて追求していくこと。

私はリズム感やタンギング、Jazz~♪の奏法に関して等々課題山積みなので、そちらの勉強も勿論大切なのですが。タンギングなんかも難しい。クラシック時代それに8割頼ってやってきたもんだから(「T」の発音とか恐らくかなり速い部類に入ります)。息の押し引き、何を伝えるか、タンギングは言葉。

振り返れば振り返るほど技術面の課題が浮き彫りになりますがそれでもやっぱり根本にあるのはそこなんだろうなぁ。どのように聴くか、見るか、感じるか。ずっと課題の歌い方についても、そこに繋がってくるんですよね。勉強です。

GWを経て、明日からの練習の方向性がまた一段と明確になった本日(昨日)。
見失いかけたときはまた外へ繰り出そうか。楽器背負って。

合宿を終えて

4/27~29の日程で、酒本さん主催Jazz合宿in支笏湖に参加してまいりました。

Jazz合宿の参加はこれで2回目、支笏湖では初めて。
どうにも、この場所と天気の相性がよろしくない。いつも曇天。
ただ、3日目だけは晴れてたな。帰る日。

今回1番の収穫だったのは、演奏面でのレクチャも勿論だけど、沢山たーくさん話が出来たこと、だったかも知れない。私は周りの人のおかげで今こうしていられるんだ、みたいなこと前にも書いた気がしますが、本当にそれを実感します。本当に、ありがたい。皆様、頼らせて頂きますよ!

人との繋がりを決して無視は出来ない世界です。周囲の方々に精一杯頼りながらも、色々チャレンジしていきたいと思います。その第1弾が、5月2日のトリオライブ。

思考が纏まってないから少々文章が雑です。大事な内容は書けてないし。

とにかく、ぶつかってきます。
ぶつかって壊れても、それも経験。

支笏湖
Profile

Natsumi Itabashi

Author:Natsumi Itabashi
札幌在住トロンボーンプレイヤー

Home Page
http://tbm7ni.wixsite.com/ni-tb

今後スケジュールは
上記HPに移行します。

ブログの方では
ライブやツアー後記、
落描などのピクチャ、
等々
ゆるゆる変わらず
更新していきます。

予定。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR