雑記帳

トロンボーン吹き 板橋夏美のブログ ライブ情報、その他独り言

1月ライブ振り返り

最近ネット接続がおろそかになりつつあり、
つまり何が起きるかと言うと外界の情報が入ってきません。
ネット依存もよろしくないですけどこれはこれで問題のような。

そんなわけでライブ後記の書き溜めもしておらず、思い出しつつ。
(前回後記の際の反省が全く一切生かされておりません。)

といっても年明け以降はそんなにたくさんライブ入れてないんですね。
ホテルなどでの仕事がちらほら入っておりましたが急遽中止になったり云々。



1/22 - 23 Rusutsu 100Days Live

pf, vo 齊藤桃子 gt, vo 古舘賢治

毎年12月頃~3月にかけて行われるルスツリゾートでの100日間ライブ。
今年は少々久々にお邪魔致しました。私は3回目の出演です。

メンバーは知る人ぞ知る(笑)「Summer Peach House」。
主に営業仕事で組んできたトリオですが、日頃からお世話になっている大好きなお二人です。この3人で行けるのが楽しみでした。

インストあり、女性ボーカルあり、男性ボーカルあり、2ボーカルあり。
フロント(トロンボーン)とコード楽器(ピアノ、ギター)のみの編成ですが、表現方法は多種多様。
誰もが知っているような曲からオリジナルまで。
やればやるほど、もっと色々出来るような気がします。主にお二人のお力かしら…。

1日2ステージを2日間でしたが、毎ステージアンコールを頂き、
なんとリピートのお客様まで!これは嬉しかったなぁ…。
あと、非常に拙い英語も頑張りました。のに、お客様珍しく日本人ばかり。ちょっと複雑。

今後も続けていきたいバンドです。
打ち上げすんごい楽しかったです。



1/28 KOTONI Jazz

Sapporo Jazz Ambitious

ちえりあでアンビシャスの公演でした。
無料配布の整理券は完売。(無料の場合って完「売」と言うのかな…?)
ありがたいことです。

この日はよりJazzyな選曲中心に。
2月に控えるDance Remixとは全く別内容です。
照明などの工夫細工も特に無いので、
純粋に音を楽しんでいただけるライブだったのではないかなぁと思います。

ちなみにこの日の個人的ハイライトは、サックスのスタンドを直したこと。
知る人ぞ知る、私の工作好き。いや、ほんと、すごく楽しかったです。
ここ1番の執念をこんなところで発揮。
ドライバー持つとテンション上がるって言ったら、「どんな女子だよ」言われました。
自分でもそう思う…。久し振りに工作熱再燃してしまったので何か作りたい。金工木工ペーパークラフト。
そして気付く、感想が半分くらい音楽関係無い。



1/29 助川太郎Group x Trio Ensemble

gt 助川太郎 ケーナ,サンポーニャ 山下Topo洋平 pf 阿部篤志
tb 板橋夏美 as 蛇池雅人 pf, vo 齊藤桃子

ブラジル音楽をもとにしたオリジナル曲を演奏する「助川太郎Group」。
このバンドの存在は勿論出来た頃から知っていたので、来札が本当に楽しみだったのですが、それがなんと共演させていただけることになるなんて。

対バン形式となり、こちらは「Trio Ensemble」のメンバーにお願いしました。
緊張感の非ッ常に高い、サウンドを求める集中力がめちゃくちゃ高められるトリオです。
せっかくなので、私たちも全曲オリジナルをチョイス。
もしかすると助川さんたちの後に演奏ということもあったかもしれませんが、
冗談でなくこの日の緊張感、本ッッ当にやばかったです。
来ていただいた方、わかった?笑
これがまた楽しかったりするんです…。他のバンドではなかなか体感できないこの感覚。

「助川太郎Group」の選曲はほとんどが助川さんのオリジナル曲。
心に残るメロディやサウンドのものがたくさんあるのですが、
それがケーナやピアノのサウンドが絡み合ってまた絶妙に良いんです。
ずっと聴いていたい。

ライブのラストはそれぞれのオリジナルで大セッション。
オリジナル曲って、セッションであまりやらないですよね…。
初めて出会う曲だからこそ新たなサウンドが生まれ、
知っていた曲もまた違う表情を見せる。そんなこともまた楽しいです。

また是非札幌へ来ていただきたい、そして皆様には是非とも聴いていただきたいバンドです。
本当に素晴らしいです、大大大おススメです。
札幌のTrioもまたサウンド求めて頑張ります。



1月振り返り終わり。本数少ないと書き上げるのも早い。

ちなみに年始はぐでぐでしすぎて(いやそれなりに仕事はしてましたが、気持ち的に)、
「ぐでぐで」ってこんなカンジじゃなかろうかという、そんな曲が1曲できました。
近い内にでもどこかでお披露目したいなぁ。

スポンサーサイト

PageTop

あけました。そして12月ライブ振り返り

あけましておめでとうございます!
facebookやtwitterではなんとなくあけおめ挨拶しましたが、ブログの存在すっかり失念してました。
んで久々に思い出してみたら、私12月のライブ後記書いてなかったのね!
ということで思い出し思い出し(騙し騙し…)綴ります。

今年もよろしくお願い致します♪



12/6 Sapporo Jazz Ambitious Regular Concert

教文小ホールを借りてのレギュラーコンサートです。
客席はなんと超満員!メンバーそれぞれがスタープレイヤーではありますが、それでも満員はすごいです。

選曲はちょっと懐かしいものから最近の曲まで、全てマシューズさんアレンジです。
休憩無しの1ステージ、なかなかハードです。
2曲目あたりでもう左腕が痛い…。

今回はゲストにvocal高橋智美さんをお迎えして。
2年ほど前、Jazz Cubeのライブでもゲストで歌っていただいてました。

智美さんの声は、とっても深くて温かみがあります。
あの華奢な体格のどこからあの声の深さが出るのだろう。
そして今回はtp阿部さんも1曲歌われて、これもまた本当に素晴らしかった!
What a Wonderful World、あたたかくて力強く、じんわりくる歌でした。
素敵なvocalをたくさんきけて、幸せなひと時。

直前のリハーサルの成果もあり、大分ビッグバンドのアンサンブルが向上してきた気がします。
まだまだ、これからですけどね。
年明けは1月、2月とライブが続くので、またサウンドが成長していくのではないでしょうか。



12/12 風彩り歌歩く

gt, vo 古舘賢治

今年最後のテーマは「雪」。
蓋を開けてみたら、私と古舘さんとで用意した曲がけっこう数があり、
風彩り~ライブ史上初?? 1st setにテーマの曲はみだしました。
そんなことがあっても良い。

今回は古舘さんの歌もいつもよりちょっと多め。
かなり盛り沢山なライブになったのではないかと思います。

暫く鳴りを潜めていた(笑)私のへんてこアレンジも再発。
おーもち、もっちもち雪見だいふく♪

しかし、この日1つ(に限らないけど)大きな大きな反省点が。

なんだか、全っっ然MC喋れませんでしたね…壊滅といって良いレベル。
本当にもう、誰か喋りスキルください、本当に。もう。
大いに反省します。。。

しかしnextライブは決まっているのです~ありがたや。
2/27火、テーマは「絵画」。
突然アーティスティック(?)なテーマになりました。
どんな絵画を奏でるのか。乞うご期待です!



えー、以下、時間が空きすぎて記憶が曖昧ですので簡潔に…。書きためそびれ…。


12/15 Norte Caminos

vo 小林美由紀 pf 吉澤早紀 gt 小郷正彦
b 釜鈴徹 conga, cho 高松洋平 timb, cho 黒田佳広

なんてったってクリスマス前ですから、当然クリスマスソングも!当然ラテンアレンジで!
これがまた絶妙に難しかったですね…。みんなでサンタ帽。

南半球のクリスマスな感じ。



12/21 Melancholic Jam Christmas Live

tp 中西りりか as 森川ありさ pf 木村ゆう b 伊藤未央 ds 青木楓

まずは会場設営から。笑
未央さん持参でクリスマスの小物あれこれ。

この日はなんと全曲クリスマス曲!ここまで揃えたのには脱帽です。
服装もクリスマスを強く意識したものもあり、なんとも女子バンドらしい華やか賑やかさ。

演奏はガチ。

このメンバーでの演奏はこれが最後になるでしょうか。寂しいなぁ。



12/22 Quartet Live

pf 山下泰司 b 柳真也 ds 舘山健二

この日はリハからテンション上がって大変でした。
なんといっても山下さんのトイピアノ!
前日夜にご連絡頂き、「衝動買いしたからもし良ければ使えないか」と。
即決即断「使いましょう」となり、晴れて当日。

見た目におもちゃっぽさ溢れつつもしっかり鳴り、予想を大きく上回る存在感に!なんとマイク不要。
トイピアノってことで2ステは思い切って全曲クリスマス曲。映えるわぁ…。

レア感も重なり非常にとっても楽しい夜に。



12/25 ももことなつみのクリスマス

pf 齊藤桃子 b 飯田雅春 ds 竹村一哲

年内ラストライブ。難曲揃いの超鬼門ライブ。桃子さんの美しく難しい曲。
クリスマスのために書き下ろした曲、初めて聴きました。
「アルケミスト」もなぜか譜面は持っていたものの演奏するのは初。これが1番難しかったかな…。
その他お馴染みの曲もあり。

でもそのどれもが新鮮だったのは、やっぱりメンバーがいつもと違うからでしょうね。
飯田さんは私は初めましてでした。一哲君はかなりお久しぶり。
その新鮮味がとても面白く楽しかったです。

東京と札幌でなかなか顔を合わせる機会は多くありませんが、是非またやりたいバンド!
是非お願いします!



1月はもうちょっと早く準備しよう…
と思ったけど、営業的仕事が多くて通常のライブはそんなにないんだよね今月。
まぁぼちぼち。


追記。
なんか1回、記事消えてたっぽい…何故に。
履歴上記事消えてるのに記事番号入れたら出てきたので、コピペして投稿しなおし。
復活できてよかった。

PageTop

関西訪問記

あちらこちらにお知らせしておりました通り、
11月の17~23日でまたまた関西方面へお邪魔しておりました。
今回はなんと岡山にも初上陸!(岡山は中国地方?山陽地方??)

今回は日程も少し長くてんこ盛りのツアーでした。ではどうぞ。



11/17

この日に入る前に。
前日までがなかなか忙しく、準備が夜中だったので非常に眠いスタートです。
まー準備が夜中なのはいつもですが。
いつものヨーグルトを摂取し、フライト。寝ました。

1701.jpg

この日は京都でライブ。
関空から宿へ荷物を預け、宿から京都へとなかなかの距離。
しかも宿のおばちゃまに凄く色々事細かに説明していただいて、時間ギリギリ(笑)。

京都にお邪魔するのも少々お久し振りですが、この日はずっと共演を熱望していた方とのライブ!

@京都 さうりる
pf 小場真由美さん tb 中石博之さん


1702.jpg

ピアノのまみさんにお会いしたのは彼此2年くらい前?
たまたま聴きに行ったライブでお会いし、好きな曲が色々一緒でシットインさせていただき、
また次の機会ではゲスト参加させていただき。それ以来。
昨年は都合が合わずでしたが、今年は早くに抑えていただきました。

初出演となるお店さうりるさん。なんとトロンボーンの聖地だそうな。
フライヤー拝見したらまぁ知ってる方々がいるわいるわ。
お客様にもトロンボーン吹かれる方がいらして、本当にすごい。
今回初めましての中石さん。まみさんとよく共演されており、お店にもよく出られているのだそう。

ラーシュ・ヤンソン好き同士のまみさんとのDuoでぐわっときたのが、
まみさんは初めて演奏された筈の「One Poem, One Painting」。
初めて知る曲でイントロそう来るかって、もう空気感イメージ通り過ぎて。
静かな曲で一人テンション上がってました。

中石さんは、あたたかくて心地の良い音で演奏される方で、お人柄がそのおまま音になっているよう。
お店のマスターご夫妻も楽しくて素敵な方々でした。
出演者、マスターご夫妻巻き込んでリハ前から大いに盛り上がりました。
ていうか、なかなかリハが始まらなかった。笑

よく知っている曲たちのアレンジやオリジナル曲。
2トロンボーンとピアノという編成でしたが、
先述のトロンボーンの方入り、ドラムの方もいらして入り、
最後には5人で賑やかなライブになりました。

京都から大阪に帰らねばならないのでお話そこそこに去らねばならなかったのがとても残念…。



11/18

オフ日①。

せっかくなので観光します。
おばちゃまに教えて貰った天神橋筋商店街を歩いてみる。
宿の近く(南森町あたり)から北の端まで行ってUターン。北の端の方でたこ焼きを食す。
途中だんごを買う。きなことみたらし。写真忘れました。

1801.jpg 1802.jpg

そしてそこから大阪天満宮を歩き、おサルを発見。

1803.jpg 1804.jpg

そしてそのまま大阪造幣局の方へ足を運び、ぶらぶら。
なんでこのあたり歩く時っていつも天気悪いんだろうね。
大学のお友達に桜の時期案内して貰った時も雨だったな。
そしてそのまま南下、大阪城へ。

1811.jpg 1810.jpg

大阪城目の前にするところまで行き、夕方リハがあるので一旦宿へUターン。

これだけでなんかもう結構な距離です。
今の携帯万歩計ついてないから歩数わからないんだよな。この日は1万歩歩いたんじゃないかなぁ。

リハ会場は宿のすぐ近くだったので助かりました。翌日の3管編成のリハです。

リハを追え、楽器を置いたらその後は梅田駅の方へ。
勿論歩き。案外歩けるな。

夜はライブを見に行きました。
知り合いが誰もいないライブ。でもとある切欠で知り、気になっていた人のライブです。

@大阪 Jazz on Top
pf Phillip Strangeさん b 坂崎拓也さん ds Von Baronさん vo Lorna O. Cifraさん


本当に皆様はじめまして。
と思ったらね。
お客様の中にいたんですよ。
私を知っている方が。

7月末に青森へマシューズさんたちにくっついて行った事は以前記した通りですが、
なんとそのライブを見てらしたそう。
青森の方ご出身で、今は大阪でvocalで活動されているMeguさん。
北海道から~という私の発言だけで気付いてくださったメグさんも凄いですが、何が凄いってこの偶然。
びっくりです。勿論すぐに繋がりました。
次来た時は一緒にやろう~と言っていただけたのは嬉しかったなぁ。
次回ご連絡させていただきたい筆頭です!

さて肝心のライブ演奏。
本ツアー1番の興奮はここだったかなぁ。
本っっ当に素晴らしかったです。

技術の高さは勿論のこと、曲の盛り上がり、リズム感、軽やかさ。
で、全然うるさくない。これ大事。

歌も英語が母語の方だから、というのはやはり大きいのか、本当に自然。

なのに皆様日本語上手!

ドラムのVonさんとのやり取りにも何度も笑わされ。

本当に本当に良い時間でした。

終演後にちらっと皆様とお話しする時間もいただけて(わりと日本語で話してました私…)、
素晴らしい夜でした。ホクホクして就寝。



11/19

この日は心斎橋でライブです。
日中何してたっけな…?

あ、そうだ、この日はホテル引越しです。
この日から2泊は梅田から近いホテルに宿泊、昨夜と同じルートを今度は荷物と共に歩く。

荷物預けて、でもチェックインはまだ出来ないので楽器と共にうろうろ。
あまり長距離はやっぱり歩けない…。
カフェかなんかないだろーかと茶屋町辺りまで足を伸ばし、
ちょうどお昼時だったもんでどこも混みこみで退散、
結局ふっつーのカフェかなんか入った気がする。
チェックインを済ませ仮眠、そしてライブ会場へ。

1901.jpg 1903.jpg この日食したもの。

@大阪心斎橋 Rug Time Osaka
vo Luke武口虎ノ助さん tp TAKAYAさん as 田中静香さん
gt 金井優貴さん pf 押領司由紀さん b 稲船智美さん ds 塩入基弘さん


昨夜と打って変わって、gtの金井さん以外全員2回目以上の共演。
pfの押領司さんとはこのバンド切欠ではない出会いだったので、偶然の再共演でした。

このバンドに出演させていただくのはなんと3回目になります。
いつもこのバンド切欠にあちらこちら声をかけさせていただいてツアーを組んでます。
お客様との関係があたたかい感じがします。

メンバーの方と色々話すのも楽しいです。
みなさん北海道おいでませ~



11/20

オフ日②。

この日は1日京都を歩いてみることにしました。
といっても夜行性なもんで、結局動き出したのは昼近く…。

完全に観光に当てたこの日も歩きましたよ。

JR京都駅 → 清水寺 → 元離宮二条城 → 京都駅

あ、字数にすると少ない…。
けっこうそれぞれが遠いんですよ。30分以上はかかる。
…そんな遠距離でもないのかな。

2001.jpg 2003.jpg

2004.jpg 数量限定のプレミアムパンケーキをゲット。完全なる偶然。

なんとなくぼんやりした天気です。
そして夜がめちゃ寒かった!!なのに二条城、長蛇の列!

2005.jpg

二条城へ行ったのは金魚のアート展示していたのでそれ目当てで行ったのですが、写真をご覧頂くが早いかと。
寒いし待たされたし疲れたけど、けっこう面白かったです。

2008.jpg 2009.jpg 2010_20171201150501313.jpg 2006.jpg 2007.jpg 2012_2017120115050920d.jpg 2013.jpg 2014_201712011505122f4.jpg 2015_20171201150514715.jpg 2011.jpg 2016_20171201150522a33.jpg 2017_20171201150523d26.jpg 2018.jpg 2019.jpg 写真たくさーん。

夜はライブ見に行こうかなーと思ってたのですが、
それまでで疲労しすぎて帰りましたごめんなさい。
生麩餅とか買って食べました。

2020.jpg



11/21

この日から岡山。
大阪からライブを聴きに来てくださる!という素晴らしい方の車に便乗して向かいます。

岡山って遠いのね。

岡山ライブ2Daysを組んでくださったのはbass中村尚美さん。
2年ほど前、Jazz Lady?Ladies Jazz?(だめだこれどっちがどっちか全く覚えられない)の企画で
札幌にいらしたのが最初、その後札幌へいらした時、もしくは私が関西でライブを聴きに行った時、
などでちょいちょいお会いしておりました。

関西方面のツアーを検討している時期にご相談させていただきましたら、快諾くださいました。
初上陸の岡山で、しかも2Days!ありがたすぎる…。

岡山初日のこの日は倉敷、Interludeにて。

@倉敷 Interlude
b 中村尚美さん pf 松本加代子さん


加代子さんとは初めまして。気さくなとても楽しい方です。
ライブ前に、肉!!…となり、近くの居酒屋さんへ。
食べ過ぎたら吹きづらくなる~と思いつつ、美味しくて、わりとガツガツ食べました…。

さてこの日はスタンダードジャズ。
実はギリギリまでセットリスト悩んでおりましたが、なんとか確定。
私が普段からよくやる曲を中心に選ばせていただきました♪

かよさんの音は、なんだかとても静かな印象。
でもそこにある存在感。静かな存在感。なんだか不思議な心地です。
尚美さんの音は、聴く度に思っていたことですが、
今回フルで初めてご一緒させていただいて改めて思ったこと。
とても良い意味で男性らしいと言うか、とても芯のある深い音。
落ち着いて上に乗れる。

足はついてるけど浮遊しているような不思議な感覚。
もっとその空間に身をおいていたいような心地。

でもそんなライブは大体あっという間に終わります…。
かよさん(!)やインターリュードのママさんに歌って貰ったのは楽しかったし嬉しかった!
やっぱりvocalさんと演奏するの好きです。

翌日はツアーラストライブ。



11/22

この日はライブ前に、倉敷美観地区へ連れて行って貰いました。
なんてったって岡山初上陸でしたし、
出発直前札幌の女子たちに調べて貰ってお勧めしてもらったし。

この日は残念ながら雨。
でも岡山で雨って珍しいんだそうですね。貴重な体験をした模様。
白壁、なまこ壁。

2202.jpg 2206.jpg 24068358_1168591893272134_1300097067835859088_n.jpg

巷で人気のマスキングテープ発祥の地と聴いた時にはびっくりしました。
あとはジーンズ生地のものも多く置いてましたね。紡績の地なんだそう。
建物の狭い隙間歩くのちょっとテンション上がった。笑

観光もそこそこに(といってもなかなか満喫した)、本日の会場へ。

24232628_1168591899938800_5181560156568057144_n.jpg

@水島 カフェ&ギャラリー竹
b 中村尚美さん pf 田中幸子さん


ギャラリーと名のある通り、店内には絵画が。
そしてマスターのクッキーがなんだか美味しい。
「うわ、なにこれ、美味しい!」というかんじではなく、「あ、なんか美味しい。」という感じで、
ライブ前やライブ後のお喋り中とかずーっともぐもぐ食べてました。
淹れていただいたコーヒーとの相性最高です。

この日のライブは「Classic Meets Jazz」。
クラシック曲をアレンジし、アドリブも取ります。
なんと言ってももとがクラシック曲です。
そうです、メロディが美しいんです。というか難しいんです。

G線上のアリアとかものっすごい神経使いました…。
一体吹いたのいつ以来だ。ppを聴かせてなんぼの曲。単純だけれど聴かせるのは本当に難しい。
それでもメロディの持つ力が強いから、吹いていても気持ち良いし楽しいですね。

アレンジも秀逸です。ふるさとなんかとても格好良いし、
モルダウをベースでアルコ(弓で弾くことです)で弾かれた時には格好良すぎて惚れました。笑
Classic Meets Jazz、ずっと続けてこられたユニットのようですが、
世界観が確かにあって、そこにちょこっとでも混ぜてもらえたことが光栄でした。
楽しかった♪

そしてなんと、インターリュードと竹、2日連続で聴きにきてくださった方も!!
これは本当に本当に心底嬉しかった。

また一緒にやろう、また来てね、と言っていただけるのが本当に嬉しかった。
また是非お邪魔させてください!!

たくさんのありがとうと共に、ラストライブも終了です。



11/23

帰ります。
皆様本当に本当にお世話になりました!!

朝ごはんを頂戴し、帰りに寄り道せんがため、朝の内に出発。
鈍行を乗り継ぎ乗り継ぎゆらゆらと兵庫県まで。

姫路城見て来いとの親の命を受け、姫路で下車。
駅から歩いていける距離。

24232606_1168591943272129_5859740647964062268_n.jpg 24131607_1168592023272121_767030895156174111_n.jpg 24174239_1168591956605461_2113267141864397908_n.jpg 24232654_1168592083272115_2056091832421664923_n.jpg

この日はなんと言っても天気が良くて、白い城と青空が良く映えます。綺麗でした。
天守まで行く時間は無かった…。
観光もそこそこに、神戸空港へ。

そして他の空港では何も一切止められないのに、何故かここにきて
楽器ケースの中のオイルが引っかかる。

デジャヴ…私前にもこんなやりとりどこかの空港でしてるんだけど。
千歳じゃなくて、羽田じゃない、それ以外のどこか。
ていうか神戸空港じゃなかったっけ。前にも止められたの。

潤滑油だっていう以上の説明は出来ないし、燃えるのかどうかとかわからんし。
上に確認するとか仰ってますがやたら時間かかってるし。むー。
このオイルは飛行機に乗せても問題ありませんっていう保証書でも作りたくなった。
そんなことを考え出した頃漸くOKが。

帰りの飛行機は前の席のお子ちゃまがなんだかずっと泣いてたなぁ。
無くか寝るかどっちかでした。
うるさいとかそういうのは全然気にならなかったんだけど(途中爆睡したし)、
その子の泣きながら言う言葉を判別しようとひそかに後ろの座席で頑張っていた私。
結局よくわからずじまい。ポタージュが美味しいです。

そうそう、また今年も関西へ行っている最中に雪が積もった模様。(去年もです。)
皆にさんざん脅されて帰ってきたのに、いざ着いてみると特に積もった様子も無い。
溶けたらしい。これはこれで残念。まぁ翌日には積もってましたけど。



今回も、新しいお店や人との出会いがたくさん。
たくさんの方にお世話になりまくっていて、皆さんに本当に感謝です。
また頑張るぞ!

PageTop

11月ライブ振り返り

11月ですね。というかこれを公開する頃には12月なのか。
今年1年もあっという間でした。
それでは11月振り返り。てんこ盛りです。



11/1 FIKA

fl 大島さゆり as 蛇池雅人 pf 齊藤桃子 b 柳真也 ds 川合草平

ラーシュ・ヤンソンの世界、渾身のアンサンブル。
今回は前回以上に準備に力が入ったのではないでしょうか。
リハではアンサンブルを追求する点に重きを置いたりもしました。

書いておいて自分で言いますが、かなりきついアレンジです。
なんてったって、ビッグバンドの曲を6人でやろうっていうんですから。
勿論、ビッグバンドサウンドをそのまま再現するわけではありませんが…。

それを、前回をはるかに凌ぐクオリティに磨いてくださった皆様には本当に頭が下がる!
演奏中も本当に心地良くて、サウンドするのが嬉しかったです。
終了後のやりきった感といったら。笑

次回は3/14に決定です!巷ではホワイトデー。
会場変わりまして、狸小路からすぐのFiestaさんにて。自己リーダーバンドとしては初出演。
こちらも是非ぜひお見逃しなく!



11/5 Summer Peach House

pf&vo 齊藤桃子 gt&vo 古舘賢治

昨年11月、Sofar Soundsというシークレットイベントに出演したメンバーです。
このイベントでの演奏が本当に楽しかったので、是非再演したいとずっと思っておりましたが、
なんと実に1年ぶりの共演。
藻岩の明るく素敵なギャラリーでの演奏でした。

今回は歌メインの選曲。
なじみのある曲が多かったので、始めましての方にも親しみやすい作りに。
歌ってよいですね~。
ふんだんに2vocalも。なんて贅沢!

また是非組みたいトリオです。



11/7 Quartet

pf 山下泰司 b 柳真也 ds 舘山健二

地道に回数を重ねてきておりますスタンダードカルテット。
今回はこれまでとはまたちょっと違った選曲もあり。

10月後半からライブスペースとしても開いているリザ・ボーテさん。
初めてお伺いしましたが、凄く居心地の良い空間…。
そして前評通り、お心遣いがうれしありがたしの至れり尽くせり。
インテリアや照明も落ち着きます。

久しぶりにスタンダードから1曲~で、
Shiny Stochingsをやりました。
けっこう好んでちょいちょいやってきた曲なのですが、
盛り上がって面白いことになりました。

来月にもQuartet予定があり、またどんなことになるか楽しみです。



11/11 Backbone

tb,arr 加藤 Billy 真弘 tb,vo 山縣真梨子
tb 河合修吾 板橋夏美 btb 菅原昇司
gt 川畑統正 b 河本奏輔 ds 熊丸久徳
guest : as 蛇池雅人

約半年に1度の一大イベント、Backbone。
今回はbassに東京から河本さんも加わり、リズム隊が本家(?)にどんどん近づいていく…。

冬のBackboneはほぼ毎回、アカペラでクリスマスソングを演奏します。
今回はいつものThe Christmas Songに加え、諸人こぞりても。
5管のアレンジ、私は書いたことがないですが、重厚なサウンド。

今回もサウンドの重厚感、迫力が凄かったです。
半年に1度ということで、リハはどうしても以前の記憶を手繰り寄せながらになりますが、
それでもじわじわサウンドも進化してるのかな、そんな風に思うタイミングもちらほら。

普段、皆さんのFunkを聴く機会がほぼ無いので、いつもと違うsoloもまた格好良い!

次回もきっと5月頃。桜と共に楽しみに待ちたいと思います。



11/16 Melancholic Jam

tp 中西りりか as 森川ありさ
pf 木村ゆう b 伊藤未央 ds 青木楓

HPのスケジュールには諸事情で記載しておりませんでしたが。
(正しくは、一回掲載したものを非表示にしましたが…。)
企画されながらもなかなか日の目を見ずにいた女子バンド、初始動です!

女子バンドと言うだけでもなかなか珍しいですが、更にこちら6人編成。バリバリの3管アレンジ。
月形の地域イベントに出演すべく車で1時間ほどぶーん。

札幌市内では特に何の変哲も無かった風景があら不思議、
とある地点を過ぎたあたりからどんどん白くなってゆく。
1時間でこんなにも違いますか。道路も白くなるくらい雪が降り積もっておりました。

選曲はメッセンジャーズがメイン。
ずっとやりたかった編成でもあり、この日演奏できるのが本当に楽しみでした。
メンバーはなんと言っても札幌内外問わず大人気の大注目の若手たち!
女子とはいえ迫力満点のステージになりました。

ここで終わらなかったのが嬉しいところ。
12月に、同メンバーでクリスマスライブ開催!
華やかなのは間違いなし、寒い冬も吹き飛ばす演奏を繰り広げるはず。



そして翌17日~23日まではまた関西へお邪魔しておりました。
こちらは別途ツアー後記として観光情報も交えつつ書きたいと思うので、
一旦保留で次の札幌ライブを。



11/25 板橋 x 板谷 Duo

pf 板谷大

そして帰ってきて11月ラストライブは不定期恒例、平岸にて板谷さんとのDuoライブ。
言い訳ではないのですが…この日個人的に、日中色々予定がありまして、なんと初のリハ無しライブに。
スタンダードジャズをセッション的にやることをメインに据えているライブとしては、
寧ろアリなのかも知れません。

ということで、どこまでもその方向でいってみよう。
この日は譜面無しで全曲行きました。

(個人的に)ちょっと懐かしい曲や、いつも演奏してきた曲、私のメモリも高が知れているので
(好きな曲気になった曲から演奏しているので、人とメモリが一致しない事案が多いのです…)、
セットリストを組むのもなかなか難しいですが、これはこれでなかなか味のある選曲になったのではないかと。

もっと色々覚えたいなぁ。

板谷さんのピアノにノせられたまに翻弄され(笑)、気付けば凄く楽しんでいる自分。
その日諸々の(主に移動の)疲労はあるけれど、勿論吹いていて体力は消耗するのだけど、
それが全く気にならない。むしろ心地良い。そんな時間でした。



11月はツアーも含め本当に盛り沢山でした。
12月はライブの本数としては落ち着きますが、内容がまたまぁ濃いこと濃いこと。
Big Bandの公演あり、レギュラーバンドのクリスマスライブ(になるかは不明ですが)あり、
ちょっと久しぶりの共演なんかもあったりして。
楽しみが多いです。12月もよろしくお願い致します!

あ、年賀状描かなきゃ。

PageTop

10月ライブ振り返り

秋も深まり、日ごと増す食欲…。毎年こんなに食べてたっけ…?
エネルギー蓄えつつ、ライブ振り返り参りましょう~



10/1 立命館慶祥中学校 第7回定期演奏会

大学の先輩が指導する立命館中学吹奏楽部の、定期演奏会にゲスト出演!
それに伴い、指導に行ったりで何回かお邪魔致しました。

私が演奏したのは「Paradise has no border」、「虹の彼方に」の2曲。
Paradise~は氷結のCMでお馴染みスカパラ(氷結飲んだこと無いけどね~)、
そして虹~は私自身ライブでもちょいちょい取り上げています。

吹奏楽バックに吹くなんて、大学在学中でもなかったので新鮮、そして面白かった!
中学生がまた皆まじめで良い子達なんですよ…。
質問とかも遠慮せずに(いや、してたかしてなかったかはわからないけど)してくれて、
とてもやりやすかったです。

生徒たちは勿論ですが、先輩含め先生方との会話が楽しくて面白くて。
あんなに準備室で笑ったのは恐らく初めてです。素敵な部活でした。



10/3 風彩り歌歩く ~烏の目はどこにある

gt, vo 古舘賢治

はい、今回のサブタイトルも思いつき。今回のテーマは「黒」です。カラスじゃないよ。

今回は事前に2曲もリクエストを頂いておりました。リクエスト貰えるって嬉しい。
その内の1曲が、今回最もチャレンジングスリリングな選曲となった
「Black Magic Woman」、古舘さんの歌で、と指定付き。
この曲をやるからって、2人とも別に楽器をいじらない。がっつりアコースティックサウンド。
そしてもう1曲はBeatlesの「Blackbird」。こちらも名曲。
そんなに特徴のあるメロディじゃないから、どう吹くか。なかなかこちらも難しかった。

そしてフランス帰りだった古舘さんにネタを振るために(笑)、フランス物の黒い曲、「Mademoiselle Noir」。
これはYoutubeで発見した曲。アニメーションが非常に印象的で、一瞬で引き込まれた曲。
シンプルなのに、なんだか突き刺さる。
ご興味あったら、是非アニメーションも見てみて欲しい。この曲はまたやりたいなぁ。

そしてアンコールは「黒猫のタンゴ」。こういうネタ曲も良いね。また独特な一夜になったと思います。

nextお題は「snow」!12/12。



10/7 Norte Caminos

vo 小林美由紀 gt 小郷正彦 pf 吉澤早紀 b 釜鈴徹
congam, cho 高松洋平 timb, cho 黒田佳広

北広島の文化祭にNorte Caminos出演です。朝早い。眠い。
開場は体育館みたいなスペースで、お客さんが100人以上はいたのかな?
とてもたくさんの方が集まるイベント。
ノルテ以外にも、ダンスパフォーマンスや参加型のイベントなど、いろいろなもので盛り上がっているようです。

さて、体育館ということで、最初の大仕事は機材搬入からのセッティング!
…わりと役立たずでございました、わたくし…。

ステージはいつも通り楽しくにぎやかに!
美由紀さんの独特MCと黒田さんのツッコミ?掛け合いがお客さんの笑いを誘ってました。
手拍子の誘いにも乗ってくださり、ノリの良いお客様方。
この日も楽しく演奏を終えることができました。皆さまどうもありがとう♪

片付けもわりと役立たず…。マスター巻きだけ頑張ったよ、うん。
大学の録音実技実習講義の収穫って、これだけかもしれん。あと何やったかもう覚えてない。
あとはちょっとした小火騒ぎ。すぐに収束したのでとりあえず安心です。
全く気付かなかったわ、本当に鼻鈍い。



10/25 Trio Ensemble

as 蛇池雅人 pf, vo 齊藤桃子

前回から5ヶ月くらい空いてしまいました。
それぞれが大人気でお忙しいおふたり。本当に彼らと一緒にできる幸せを噛みしめつつ…。

アンサンブルの追求がコンセプトなトリオ。
前回とは違う曲も取り入れてみました。
最近個人的にHotな曲「宙唄」もやりました。

今回で3回目でしたが、やはり緊張感が高い!
響きにこだわり、サウンドにこだわり、アンサンブルする。当たり前されど難しい。
やるごとに私自身バンドに育ててもらってます。
シンプルが故にセット組むのも難しくて、いつも課題が浮き彫りです。
どうしよう、ああしてみよう、これがいいかな?
そんな思考をすればするほどアンサンブルの深みにはまっていく。
追求を続けます。

次回ライブが年明けに決まっていますが、待ちきれない!

PageTop