桜と共に東京弾丸ツアー

facebookにてしょうもない投稿を繰り返しておりましたので
一部の方々には周知の事実かと思われますが、2泊3日で東京に行って参りました。
ちょうど桜の時期でしたので、桜の写真多めで振り返り。


振り返る前に、今回の弾丸ツアー(?)を計画した経緯を。

今更隠すまでもない、と言いますか一切隠してもいないのですが、
私はラーシュ・ヤンソンの音楽が大好きです。その存在を知ってから、嵌り続けております。

今度日本に来ることがあるなら東京だろうと絶対に聴きに行こうと心に決めておりました。
そしたらなんと、来るというではありませんか。しかも半月後に。(当時3月半ば。)

ちょうど予定も入っていない、そして当然札幌には来ない(僻み)、これは行くしかない。

というところから始まります。



4/5

IMG_0798.jpg いつもの儀式。

行く予定のライブは6日夜ですが、飛行機飛ばないなんて事態が恐ろしすぎて前乗り。
私の心配は他所に、札幌も東京も良い天気でしたね。というか東京でコート着てたら暑い。

6日夜のライブ以外何一つ予定がなかったものですから、急遽中学時代の後輩と会うことに(レア)。

IMG_0799.jpg the 花見。

IMG_0805.jpg IMG_0802.jpg 相変わらず背負って歩いてます。

夜の予定も未定だったので、この日はついに!高田馬場、イントロのセッションに潜入することに。

セッションと言えば、ここ!と言うくらい、イントロのセッションは有名、代表的でしょう。
これまでお邪魔する機会もなかなかなかったのですが、
この日はセッションホストの方が知っている方だったこともあり、意を決してお邪魔することに。

IMG_0808.jpg の前に、腹ごしらえ。

入った時には既にセッションは始まっておりました。
しかもマスターが吹いてらっしゃった。

人を変え、組み合わせを変え、回転が非常にスムーズ。
時間を追う毎にどんどん参加人数も増えていきます。この日は管楽器が多かったようです。
うっかり知り合いミュージシャンにも会えました。
誰か来るかなーと期待はしていたのですが、本当に来た。笑

皆さんそれぞれに演奏もそこに出る個性も素晴らしくてとても楽しく、
何より刺激になる、勉強になるセッションでした。
吹いている側は勿論、聴いている方達もしっかりと聴いているのがわかる。

回転が良いから人数多いのに私も結構吹かせていただけました。
この日は曲は知っていても自分でやったことのない曲をやることが多かったですね…覚えます…。
1曲は譜面を見ながらやりましたが、別の1曲は譜面なしでやることに。
この1曲で耳と脳が少し覚醒したと思います…。
知らない曲(ではないけれどほぼ覚えていない曲)でこんな風に耳を使えるなら、
知ってる曲でもそれが出来ればまた何か変わってくるのでは?

状況変われば演奏も変わる筈なので、
そうは思ってもなかなかすぐにホイと出来ることではないかも知れませんが、
意識してみるだけの価値はある。
サボってないで頭使えってことですね。

何人かとはお喋りもして、またちょっとした繋がりが増えたようでホクホクしてます。
またお会い出来る機会を本当に楽しみにしております。

ホテルのチェックイン時間があったので
終了までは滞在出来なかったのですが(これが返す返すも残念…)、
東京行く機会にはまた必ずお邪魔しようと思います。ここで聴けた音が脳ミソに染みてます。

いつもの事ながら、自分が吹く、もしくはライブを聴いている時、
カメラに気を使うのが嫌なので、写真はあまり撮らないことが多いです。

が!今回は後輩がそのままセッションついてきてくれたので撮って貰えました。

17806842_1835626973429528_888238106_n.jpg 17814022_1835654666760092_1126365420_n.jpg



4/6

日中は完全暇人です。歩き回ったところの桜の写真等々。

IMG_08190.jpg IMG_08220.jpg 春の麗の隅田川。漢字にすると素っ気ない。

IMG_08200.jpg IMG_0826.jpg IMG_0824.jpg 窓からにゃん♡なんか妙な貫禄が…

IMG_0828.jpg IMG_0829.jpg IMG_0831.jpg 浅草そして日本橋の麒麟

IMG_0836.jpg 渋谷 茶なべ、ってお店

大分歩いている場所がワケわかりませんね。


夜は表参道Body&Soulへ。
念願のLars Jansson Trio!

残念ながら全種CDを買い集めているわけではないので、知らない曲もたくさんありました。
半数以上は知らない曲だったかな。

知っているもので
・Hope
・God´s Delays Are Not God´s Denials
・There Is A Butterfly In My Room
・Latour
・More Human
このあたりだったでしょうか。(多分順不同)
この中では特にLatourが好きです。軽快なラーシュサウンド。
イントロピアノソロからの流れ良かったなぁ…。

1setにつき大体8曲と曲数としては決して少なくない筈ですが、ずっと聴いていたかった…。
アドリブ、ソロで圧倒するというよりは、そこに在る心地良い音楽。
サウンドの美しさやアンサンブルの心地良さ、1音1音の軽妙さ(ピアノソロの時顕著でした)、
それを生で体感出来るのが幸せすぎました。
箱全体がアンサンブルという澄んだ水で満たされているような。

ベースラインが特徴的な曲も多いですが、ピアノとベースがユニゾンした時がまた気持ち良いです。
1点、正直に申しまして…ベースのピッチは滅茶苦茶良い、
というわけではなかったです(トリオの中で唯一音程を自分で作る楽器ですが)。
ですがそれもアンサンブルの中では気になるものではありませんし、
上記ユニゾンに関してもそうですが、「ここぞ!」というところではバシッと決めます。

途中に演奏していたjazz standardも楽しかった!Confirmationなんかあのテーマは弾かなかったけど、
とてもお洒落且つ推進力アイディア満載、ここぞとばかりにソロも爆発。

1曲だけ、エレベでトリオやってましたよ…。
ラーシュ・ヤンソンといえば曲からウッドのイメージが強いもので、とても新鮮でした。
でもやっぱりラーシュサウンド(勝手に命名)でしたね。

MCからは、お茶目な一面もある、気の良い方だという事がとても伝わりました。これはまぁ予想通り?

終演後はまたも時間が無かったのでそそくさと退散。
なんだか今回の旅程、終わりの時間に余裕が無い。

また来たら絶対行きたいと思うのですが。
札幌には来ないのかなー…来ないよね…。



4/7

狙っていたカフェは定休日でした…。

この日はもう用事はないので早々に浜松町へ。
時間も余っていたので旧芝離宮恩賜庭園を歩いてみました。

IMG_0844.jpg IMG_0852.jpg IMG_0849.jpg こちらも見事な桜です。

IMG_0857.jpg IMG_0861.jpg IMG_0864.jpg IMG_0848.jpg IMG_0872.jpg あと亀。

水がある風景って素敵ですよね。

カフェで一服し、空港へ。

IMG_0896.jpg 帰ります。

飛行機が動き出したところまでは覚えているけど、その直後、離陸時の記憶が一切ありません…。
眠いなぁとは思っていたけれど、気付いたら雲の上。ついでにシャトルバスでも意識無い。
なんで疲れてるかって、ただの歩き疲れじゃないのか。
思えば毎日よく歩きました。3日間共1日当たりの歩数10000歩超えてます。



これにて今回の行程はすべて終了。
これまでの道外遠征と比較すると日数は少なめでしたが、内容の濃さは全く引けを取らない!
今回の経験を確実に糧にすべく、明日からまた精進です。



おまけ。帰宅後の癒し。
IMG_0901.jpg
スポンサーサイト

3月ライブ振り返り

3月ライブ振り返りです。
こうしてみると、濃いラインナップですね…!
面白いライブ盛りだくさんなひと月でした。



3/1 風彩り歌歩く

およそ2~3ヶ月に1度のペースで続けさせていただいているデュオ。
毎回テーマを決めて、それを元に選曲、アレンジします。

今回はデュオ開始から大体1周年記念。
テーマは「日本」、デュオ開始時からひっそり計画していたテーマです。
と言いつつも、選曲はかなり悩みましたが、その時のベストチョイスで臨めたかなと思います。

雅楽奏者の東儀秀樹、日本の作曲家と言えばこの人、武満徹、
宮沢賢治に服部良一、アン・サリー、そしてそして古舘賢治。
(皆様この場のみ敬称略にて失礼します…)
サウンドも曲想も全く異なる曲たちですが、ここにある楽器はトロンボーンとギター、時々声のみ。
これもある意味挑戦かなと思います。

日本に住んでいながら、日本の音楽に触れる機会が少ないなという事は
以前から薄々感じていましたが、今回曲を選んでいく過程でさらにそれを実感。
探せば良い曲、たくさんあります。ただそれを耳にする機会、学ぶ機会も随分少ない気がします。
日本の海外崇拝志向(今勝手に命名。)にも一因がある気がします。

一応言いますが、決して海外志向を否定はしていません。崇拝志向は私もですし。
英語力〇x▲だけど海外行ってみたいわー。

ただ、「実は近くにあった素敵なモノ」に目を向けることの出来た
そんなちょっと素敵な機会を作れていたらいいな、と思うのでした。



3/5 GAMA Band

3回目のガマバンド。フライヤー制作も3回目。
個人的に今回のフライヤーが1番秀逸です。

まぁそれはさておき。
毎回選曲がとても濃くて、リハの時からヒイヒイ言ってます。
Big Bandといえば、私はアンビシャスに所属しておりますが、そちらでは私はバストロ。
ガマバンドはバストロ以外の役割でビッグバンドに携わる貴重な機会でもあるのです。

会場はジャムジカ。
あのスペースにビッグバンドが入るのかと毎回思うのですが、まぁどうにかして入るんですね。
スライドワークにも支障なし。(でも今回は1度前の方を刺しました…スミマセン。)

上記の通り、選曲が独特なので、どの曲もわりとガリガリゴリゴリ進みます。
普段やることのない曲ばかりなので、そういう機会はいつでも楽しいです。
知らない曲もやったことのない曲も、まだまだまだまだ、本当にたくさんあります。

いわゆる一般的なビッグバンドとは一線を画すバンドですが、
このバンドならではのサウンド、意思があって、
そんなところに触れるのも面白いと思うのです。

お客様にもたくさんたくさんお越しいただきました。感謝です!



3/15 Ambitious Special Septet

アンビシャスのメンバーの内7人を集めたバンドです。
が、今回はこのメンバーでしたがこの7人という編成、
ずっと以前からas蛇池さんのグループとして活動していて、
時を変え場所を変え人を変え、続いてきたものです。

私は以前(2~3年前かな?)そのセプテットに参加させていただいたこともあったので、
今回懐かしい曲もあり、私にとって新曲もあり、
とにかくこのメンバーでの組み合わせは初めてでした。

普段、管楽器を3人も4人も揃えてのライブはなかなか出来ません。
しかも、メンバーは皆様とてもとてもお世話になっている大先輩方。
そして私はアンサンブルが大好物。そりゃあ気合も入ります。

アレンジも秀逸で、美しくもあり、時折際どくもある音並び。
アレンジの方法は本当に人によって多種多様で、とても勉強になります。
色々なサウンドを描けるようになりたいですね。

多管編成にしてはソロ数が多く(あくまで主観ですよ)、
バッキング(アドリブソロの背景で合いの手吹いている人たちのことです)もあり、
恐らく普通の1フロントよりも吹き続ける時間が長い。
スタミナももっと付けなければですね、もっともっと鍛えるぞ。

お客様にもたくさん来ていただきました!どうもありがとうございます。
ジャズならではのアンサンブル、たくさんの方に聴いていただきたいです。
次のライブを乞うご期待!私も期待!



3/17 Duo @ Bar Maple

時々出演させて貰っております、エクセル東急ホテルの2F、Bar Maple。
去年クリスマスイブ以来の出演、今回共演はgt滝川さん。

大分前に(本当にかなり前)セッションなどでの共演はありますが、
こういう形でご一緒させていただくのはよくよく考えたら初めてです。
こんな所で実現するとは!急遽決まった出演ではありましたが、この機会に感謝。

金曜夜のホテルのバーは、お客さんの姿はちらほら。
それぞれの時間の過ごし方、ちょこっと贅沢に生演奏で。
楽しんでいただけたのではないかなぁと思っています。

そして私も楽しかった。次に出演させていただくのはいつかしら。



3/25 板橋 X 板谷 Duo

2-3ヶ月に1度のペースで、平岸で続けさせていただいているDuo。

思い返せば、Duoというものをあまりやってこなかった私が
1対1の関係でスタンダードにちゃんと向き合おう、と思ったのがこのDuoのきっかけです。
私チョイスなのであまりスタンダードスタンダードはしてないかも知れませんが…
このDuoをやる中で新たに知った曲もありますし、やりたい曲も増えました。
今回も新たに挑戦の曲を追加。

板谷さんの多彩さにぷちっとやられかける場面が何度かありましたが…
本当に毎回とても勉強になります。そして成長への意欲も湧く。

次回は7/22と少し先になってしまいますが、また少しでも成長してぶつかっていきたい。



3/27 Trio Ensemble

年度末ラストライブはこちら。
2日前にリーダーライブがあり、色々大丈夫かな~と内心かなり不安だったのですが、
蓋を開けてみればたくさんのご来場!まことに感謝です…。

自分で言うのもなんですが、本当に魅力的なメンバー。
蛇池さんを自分のリーダーにお誘いするのは結構お久し振りで、
それに対するものなのか何なのか、開始前はほのかにそわそわしていたり。

でもリハ開始で1音でも音を出してみたら、別のテンションになっていきました。
「アンサンブル」を追及する、このライブは最初からそれをメインテーマに掲げて企画しておりました。
音を重ねる中で研ぎ澄まされていく感覚、深く広がる自分のレーダー(?)。
自分の能力が自分の求める音に追いつかないのがなんとも口惜しい。鍛えるしかないですね。

アンサンブルって楽しい!!それを再認識させて貰えました。

そしてある方面にはちらほら次回ありそう宣言しておりますが、、次回ライブ、本格的に確定しそうです!
詳細未定はですが、日程は5/31。琴似のお店での予定です。
決まったらちゃんと改めて宣伝させていただきたいと思います。
より深化したアンサンブルをお届けできればと思います。
次回も、または、次回こそは、是非!

DS7_8966-2.jpg 
Hasegawa様より。せっかくなのでHPと違う方のお写真を(間違い探し?)。いつも感謝です~



3月ライブもこれにて終了。今年の年明けはなんだか駆け足でした…。
4月、春(まだまだ夜は冷えますが…)からも充実した日々を送っていけるよう、頑張ります!
たくさん聴きに来てください♪

午前中にupしてるけど、嘘じゃありません。

あ、HPのスケジュール更新しております。
4月は本数落ち着き目ですが、5月はまた色々たくさん!
是非たくさんの場所でお目にかかれましたら。

2月ライブ振り返り

ライブ振り返り記事を書いていこう、と思い立ったのがつい最近なもので、
1月振り返りを書いた直後に2月の振り返りをしています。
年明けは大体ライブ本数は落ち着き気味ですが、実に三者三様なラインナップですね。



2/3 Quartet

宣伝でも当日でも話してましたが、ピアノ山下さんとは初共演。
ノーマルなカルテットで、オリジナルもちょこっと交えつつ
スタンダードをやろう、そう思って組んだのですが、
それには最適すぎるメンバーに集まっていただけたと思っています。

ライブで初めて挑戦する曲もあり、ずっとやってきた曲もあり。
初公開オリジナルもあれば、懐かしい曲もあり。
リズム隊の方々のサウンドがまた気持ちよくて、期待値を軽く上回る音で答えてくれる。
本当に楽しかったです。

そして同メンバーでの次回ライブ確定!5月17日です。詳細はまた追って。
もっといろんな曲もやってみたいです。何でも出来る。



2/17 Sapporo Jazz Ambitious with ダンススタジオ「マインド」

ダンスとビッグバンドのコラボレーションという一大イベント。
ダンスを初めて見たのはCM用映像の撮影時。
4名の講師の方々が、ほんの15秒程度、Sing Sing Singに合わせて踊る。
もうそれだけで、めちゃくちゃ格好良かったですね。
本番は総勢80名(だったっけか)以上にも及ぶ大人数。
どんなものが出来上がるのか、本当に楽しみでしたね。

ダンスと音の初合わせは2月に入ってから。ダンスチームにはまだ幼い子も沢山いました。
体の動きがもうキレッキレです。格好良いわー…。

ソロバトルはダンサーもバンドのソリストも本領発揮、
大迫力のステージにガツンとアクセントを置いたと思います。

異ジャンルによるアーティスト同士のコラボレーション。
やってみたいと思いつつ、なかなか実現は難しい。
今回それが実現し、また今後の良い関係にも繋がりそうで。
ステージの上でも外でも沢山の刺激を貰ったすばらしいライブになったと思います。



2/18 高島諭 Trio

アンビシャスの翌日ですよ。でも昼まで寝てたので体力はばっちり。
昨年10月以来の再演です。
本当に嬉しいことに、前回とても好評をいただけたようで、
それを受けての2回目となりました。

この日は完全譜面なしスタイル。
普段譜面ものをやることが多い私には試練でもあります(笑)。
でもこれが出来るのも、ジャズをやる上では本当に大事だなと思います…。
こういうライブをもう少し増やそうかな。

前回私がド忘れしてしまい出来なかった曲もやりました。
しかし総じてどちらかと言うと苦手意識のある曲を多くやったような印象…。
本当に何事も常に勉強ですね。



今年は例年以上に年明けの日々のスピードが早く感じます。
その日その時に起こったこと感じたことを、ただの事象として流してしまわないようにしたい。
Profile

Natsumi Itabashi

Author:Natsumi Itabashi
札幌在住トロンボーンプレイヤー

Home Page
http://tbm7ni.wixsite.com/ni-tb

今後スケジュールは
上記Home Pageの方に移行します。

ブログの方では
ライブやツアー後記、
落描などのどうでもいいピクチャ、
等々
ゆるゆる変わらず
更新していきます。

予定。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR