6月ライブ振り返り

終わりました!6月が!!
ライブ本数が多くない月だな~と思っていましたが、蓋を開けてみたらとんでもない、
非常に中身の濃いライブでした。



6/19 David Matthews Jazz Ambitious Quintet

pf David Matthews as 奥野義典 b 柳真也 d 舘山健二

アンビシャスのコンボver、今回初参加させていただきました!
いつもBig Bandでは「重い重い」文句を言いながら
楽器を持っておりましたが(笑、でも本当に重い)、
今回はテナーでの参加。
そして奥野さんとコンボでご一緒するのはなんと初めて。
それもあって決定時からとても楽しみなライブでした。

この日は各人オリジナルを持ち寄っての選曲です。
奥野さんの「北前船」(きたまえせん)、柳さんの「Black Clouds」、
そしてマシューズさんは「Hop Scotch」。マシューズさんのコンボではお馴染みの曲なんだとか。
私は人様のオリジナルを吹くのがかなり好きなのですが、
(個人的に)初お目見えの曲も多く、それもまた楽しい。

わかってはいたことですが、皆さんすごかった!
個人個人のソロは勿論素敵で格好いいですが、全体の推進力というか、エネルギーが。
かといってとにかく押せ押せぐいぐい、というわけでもない。
さしずめ、燃料を超大量に載せた大型蒸気機関車…?私は乗っかってるだけでした…。
奥野さんとの2管アンサンブルも気持ち良かった!
アンサンブル楽しい、って話はこの下で散々やりますのでこのへんで。

楽しかった半面、自分の力量不足を痛感したライブでもあり…。
それこそわかりきっていた事で、今の全力で進んでいくしかないのですけどね。
己の成長を誓い!また頑張ります。



6/28 FIKA

fl 大島さゆり as 蛇池雅人 pf 齊藤桃子 b 柳真也 ds 川合草平

来ましたよ、ついに。
本当にそれくらいの準備をしてきたライブです。
4カ月前から曲を準備するってなかなか無いです。
真冬にメンバー招集、楽譜準備開始、そしてお披露目は夏です。
いくら北海道の冬が長いからって。

全曲、ラーシュ・ヤンソンの曲。
というのは、実は後から決めたことなのですが、3管アンサンブルがやりたくて。
その上で、ラーシュのBig Bandアレンジがやりたい!と思った時に、
fl、asとの3管は良いんじゃないか?と思い。

3管と言ったらtp、sax、tbが一般的でしょうか。(saxはasでもtsでも…)
その編成でやりたいことはまた別にありますので、
ラーシュの音はfl入りの編成で作ってみようと思い立ち、今回のメンバーに。

今回このライブをやるにあたり常々言ってきたことですが…
このライブをやるのに最適以上のメンバーに集まっていただけたと思います。
初回リハ時は心配な点もありましたが(笑)、当日「これは大丈夫だ」と思いました。
リハからの1週間で精度も理解度も深めてきてくださる皆様、本当に心から最高です。

結果、大成功だったようです。大好評。
「またやってね」の声を(私が嗾ける前に…)内から外から、
こんなにも頂けるライブってなかなかないと思います。
回数を重ねればもっといいサウンドが生まれる確信もあり。

次回は11月1日に決まりました!約4か月後ですね。
更にサウンド磨きます♪
今回いらしていただけた方も、残念ながら見逃された方も。
是非ご予定くださいませ!



6月終わり。
しかし全く気が抜けない、ここで抜いてはいけないのです。
続きは1か月後のライブ振り返りで。(笑)
スポンサーサイト

5月ライブ振り返り…ちょこっと長い

何故長いかというと、ライブがちょこっといつもより多めだったんですね。
非常にたくさんの貴重な機会に恵まれました。皆様本当に感謝です!



5/11 風彩り歌歩く

gt,vo 古舘賢治

今回のテーマは「果物」。
色々あるようで、探すとなかなか難しかったです。
今回取り上げた曲は、バナナ、ぶどう、なんちゃってライム、まんま果実、いちご、スイカ。
さあ、何の曲でしょう?笑

毎回テーマを定めて、とは毎回説明してますが、色んな曲が発見できて面白いです。
そしてやはり古舘さんとのDuoが気持ち良い!
気だるい曲も疾走感溢れる曲も、爽やかな曲も何でも来い!
やればやるほど深まっていくDuo、本当に楽しいです。

次回テーマはお客様にご意見頂戴し、「花」。
「果物の前に、花じゃないの?」と言われ。…その発想は全く無かった。目から鱗。
果物は、花が散って出来ますよね、そうですよね。今度も面白くなりそうです。



5/17 Quartet

pf 山下泰司 b 柳真也 ds 舘山健二

年明け2月以来の共演。ぐいぐい推進力に溢れる、本当に素晴らしいメンバーに囲まれての演奏。
スタンダード中心に据えつつも、オリジナルやちょっとマイナーな曲もやったり。
好きなことを、想像より高いところへ持って行ってくれるカルテットです。
皆さんお人柄最高だし…。リハから本当に楽しいのですよ。

お客様にも沢山来ていただいて、たくさん盛り上げていただきました!

さてこの日、驚きのことが起きたのですが、
何かと言うと、デビッド・マシューズさんが来てくださったのです。
私、柳さん、舘山さんの3人はお昼にアンビシャスBig Bandのリハがあり、
そこからのライブという流れでしたが、まさかそこにマシューズさんも加わるとは。

山下さんとちょこっと交代していただき、アンコールで1曲弾いていただきました。
枯葉。楽しかった…。終わりのお喋りまで本当に楽しい時間でした。



5/18 Toby Night

gt 飛澤良一

このあたり連日ライブです。本当にありがたいことです…。
飛澤さんとのDuoは昨年夏以来、少々お久し振りでした。
せっかくなので、Bossa系の曲を多めに持っていってみました。
それと、以前演奏させていただいて好きになった曲、飛澤さんのオリジナル。
情景が見えるようで、本当に心地良い曲です。

どうも最近(今に始まったことではないですが)ギターが好きです。
また、トロンボーンと非常によく合うんです。
この日も心地良い空間をお届けできたと思います♪

ちなみにこの日、ブロコ初出演だったのですが、MICAさんと1曲初共演!
London Samba、ノリが良くて楽しい曲でした。コード間違ってたからハモリは要研究です…。



5/23 Trio New York with Sapporo Young & Women

まず最初に。凄かったよー。軽やかなのに、いやだからこそか、推進力抜群。
演奏中の空間の気持ちよさ。体感したことの無い音環境です。
音の一体感とそれに包まれてる感が凄い。
耳から入ってくる音、自分が体感する音、これまでには無いものだった気がします。

リハやその準備段階から、いろいろなお話を聞けたこともあり、
さまざまな方面から本当に勉強になりました。

そして皆さん、とても良い人達。何でこんなに良い人なの!?というくらい。
言葉でも演奏でも、こちらを自然に、そしてぐいぐい乗せてくれる。

英語ダメダメで悔しいなぁ…。

そして、今の若い子ら、本当に恐ろしい。
こんな歳からもうそんな演奏が出来てしまうのかと、本当に心から敬服します。
頑張らねばー。

翌日の笹島さんを交えたカルテットライブも見に行きました!
最高!ベースがとんでもなかったです…。貴重な大変な経験をさせていただきました。


5/26 Premium Friday Live

この日はライブハシゴ(やる方)。
プレミアムフライデーを贅沢に、ということで少し前からアリオで開催されているスペシャルライブ。
ベースの未央さんにお誘いいただき出演させていただきました。
いつもいつもお世話になっている古舘さんもご一緒。とても楽しいトリオでした♪
私のアレンジや古舘さんのオリジナル、コアな曲をたーくさんやりました。
東儀秀樹をここでやるか!?という。。。また是非やりたいトリオになりました。



5/26, 27 Backbone

そして夜はBackbone。2Days初日はSapporo Funk Organizationとの対バンです。
恥ずかしながらSFOを初めて拝聴しましたが、格好良かった!
長く続けてこられたのもあると思いますが、味がある、と言いますか、スピード感もすごかった。

そしてその後は我らがBackcone。
レゲエとか初めて吹きました。普段なかなか吹く機会も多くないですが、Funkも楽しいです。
個人的に、Street Lifeがとても好き。ノる。良い曲や~。

2日目はゲストにアルトサックス蛇池さん!
蛇池さんのファンクを聴く機会も貴重です。いやー格好良い。

ちょこっと専門的な話になると、アーティキュレーションの厳密さや、アタックの明確さなど、
ジャズとは違う部分が大変に難しいです。
半年に1度の機会ではあるけれど、しっかり進化していきたいものです。



5/30 伊藤未央カルテット

b 伊藤未央 pf 木村ゆう ds 青木楓

とあるイベント用に企画されたメンバー一部で。
ジェリコ超満員!これが女子力か。
お客様のライブレポにも書いていただきましたが、女子にしては選曲が渋い。
…ああ、確かに…。笑  実はちょっと嬉しい評価。
そして中身は超がっつり。可愛いだけが女子力じゃないぞ!と。
メンバーがまた楽しくて。直前リハでは笑いあり、おやつあり(私のエネルギー切れによる…)。

また今後も渋い女子力見せつけていきますよ。絶対楽しいです。



5/31 Trio Ensemble

as 蛇池雅人 pf齊藤桃子

大好きなおふたりと、大好きなアンサンブルが出来る。至福の時間です。
このバンドはアンサンブルが本当に心底楽しく心地良いです。
「アンサンブル」というものに対して、勿論それだけではないですが、
お互いにどこまでも深く突き詰めていける。
当然のようでいて、当たり前にするのは難しい。なかなか出来ずにいたことのように思います。

そして、私はアンサンブルという環境において非常に活きるなと自分で思っております…。
嬉々とする自分をひしひしと感じる。笑

やればやるだけ、深化し、進化するTrio。
他に無いサウンドだと自負しております!この先も続けていきます。



盛りだくさんだった5月も終了。
6月はライブ本数は控えめですが、大事なライブが控えています。頑張るぞ。

後は、ちょっとでも写真を撮る習慣をつけよう…。

4月ライブ振り返り

遅くなってしまった。遅くなりすぎて5月がもうそろそろ終わる。

4月ライブ振り返ります。

4月はライブの本数が控えめでした。そして5月は怒涛の(というほどでもない?)ライブラッシュ。
今年は今の所隔月で多かったりそうでもなかったりという状況です。



4/17 Duo

gt 花田進太郎

ちょいちょい練習ご一緒させていただいているgt花田進太郎さんとのデュオライブでした。
普段アレンジ物をやることが多いので譜面を使うことが多いのですが、
この日は譜面なし!で臨むと宣言。
しかし二人で覚えている曲に差異があるので、選曲はそれなりに苦労しました…。
練習、ライブでもよくやる曲から、久方振りの懐かしい曲まで。
もっとたくさんの曲を覚えなきゃなぁ、とつくづく思います。
やってみたいと前々から思っている曲も、結局手を付けれずにいる…。
まずここから打開していきましょうか。

譜面なしということで、より音に集中。
デュオは体力的にもなかなか大変ですが、
それよりもやはりこの日は頭をたくさん使ったように思います。
処理能力のアップグレードが必須項目です。



4/26 Latin de Night

pf 高島諭 b 釜鈴徹 perc 瀧村正樹

4月頭に新しくオープンのお店にて。
この日はラテンナンバーで!

一応自分がリーダーという位置付けの中、前編ラテンというのは実は初めてのこと。
ですが最近ちょこっと誘っていただいたり聴きに行ったり、
ラテン系のライブに関わることが増えていたのでやってみたかった内容ではある。
初挑戦の曲もちらほら。

ラテンの曲はまだまだ殆ど知らないので、色々聴いていくところから始めなければなりませんね。
ブラジリアン、キューバン、掘り下げていったらどこまでも掘り下げれます。
今の所、選ぶ曲はブラジリアンが多いかな?
メンバーの組み合わせも新鮮で、また是非やりたいライブ。



5月振り返りを書く時期に。
でも5月はかなりギリギリ末日までライブあるんですね。
6月入って少し落ち着いてからということになりそうです。
Profile

Natsumi Itabashi

Author:Natsumi Itabashi
札幌在住トロンボーンプレイヤー

Home Page
http://tbm7ni.wixsite.com/ni-tb

今後スケジュールは
上記HPに移行します。

ブログの方では
ライブやツアー後記、
落描などのピクチャ、
等々
ゆるゆる変わらず
更新していきます。

予定。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR